あんしんを、あたらしく。~一般社団法人安心R住宅協議会~

設立趣意・ビジョン

従来から既存住宅の流通が進まない要因として、消費者が既存住宅に対して、「不安」「汚い」「よく分からない」といったイメージを抱いていることが挙げられています。
同時に、既存住宅に対して、事業者が得ている情報と消費者が得られる情報に格差があり、消費者が不利益を被る「情報の非対称性」も指摘されています。このような市場背景を受けて、これからの住宅・リフォーム事業者が、「安心な既存住宅の流通を促進する」ところにこそ、消費者の求める姿があると考え、ここに『一般社団法人安心R 住宅推進協議会』を設立いたしました。
「安心な既存住宅」とは何か。
それは公平公正な認定基準を設定することによって生まれます。
既存住宅の流通では、古いものの不具合・不都合は買った人がその責任を負うという一辺倒で推移してきたため、消費者に情報の中身が十分に伝わらず、不安や不信がはびこっていました。
「安心」とは、適切なインセンティブに他なりません。
瑕疵が分かれば、修繕した上で流通させることができますが、これまでは瑕疵の有無自体が不明のままにされていたことも、既存住宅の流通を阻害する要因となっていました。
決して、世の中に流通している既存住宅が、全て安心でないと言っているわけではありません。
住宅の品質に係る公平公正な認定基準の設定と、それらを実践するための制度化がなされていないことが問題なのです。
そもそも既存住宅のインスペクション(建物状況調査)がされておらず、情報の中身が消費者に公開されていないことが問題なのです。
本格的な人口減少・少子高齢社会を迎える中で、国の住宅政策はフローからストックへと転換され、宅地建物取引業法が改正されました。
私たちは「既存住宅の健全な流通」をビジョンとして掲げ、既存住宅の商取引に関わる買主・売主・事業者の三者に「安心と納得」をもたらす「既存住宅流通の信頼性を高める仕組み」を確立させ、ブランド化していくことで、国の住宅政策を民間の立場から後押ししていきます。

目的・事業概要

当協議会は、住宅ストックの活用を図り、その流通を活性化する為、維持管理やリフォームの実施などによる「住宅の質と住まい勝手」の維持向上が、市場において適正に評価される仕組みの開発・普及を行なう。
同時に、消費者にとって分かりやすく安心な情報開示に努め、既存住宅流通の信頼性を高める仕組みをブランド化し、もって健全な住宅・リフォーム市場を実現することを目的として、次の事業を行なう。

(1)安心な既存住宅に係る要件の設定、認定手続きなどのサポート
(2)安心な既存住宅の流通促進に関する事業環境整備のサポート
(3)安心な既存住宅の流通促進に関する仕組みの研究会、セミナー、イベント等の企画、運営
(4)安心な既存住宅の流通促進を担う事業者の教育及び資格の認定
(5)安心な既存住宅に関する各種情報の収集、分析、提供

組織概要/アクセス

名称 一般社団法人安心R住宅推進協議会
設立年月日 2017年4月11日
所在地 東京都中央区築地2-11-12 グリーンパーク銀座デ・プレ302
フリーダイヤル 0120-365-205
FAX 03-6264-3582
メールアドレス info[at]anshin-rjyutaku.or.jp  ※[at]を@に変えてください。
URL https://www.anshin-rjyutaku.or.jp/
役員 代表理事 三津川真紀
理事   岡田久典 
理事   佐藤直樹 
理事   畑中直人

組織図

組織図



協議会について