あんしんを、あたらしく。~一般社団法人安心R住宅協議会~

設立趣意・ビジョン

従来から既存住宅の流通が進まない要因の一つとして、消費者が既存住宅に、「不安」「汚い」「よく分からない」といったイメージを持っていることが挙げられています。
同時に、既存住宅について、事業者が得ている情報と消費者が得られる情報に格差があり、消費者が不利益を被る「情報の非対称性」も指摘されています。
このような課題認識を踏まえ、これからの住宅・リフォーム事業者が「安心な既存住宅の流通を促進する」ところに、消費者の求める市場のあるべき姿があると考え、ここに『一般社団法人安心R住宅推進協議会』を設立いたしました。

「安心な既存住宅」の定義は、「安心な既存住宅」たる基準を明確にすることによって生まれます。
これまでの既存住宅流通市場は、購入後に起こりうる不具合や不都合は、原則、購入した人がその責任を負う慣習のもとに成り立っていたため、消費者は常に不安や不信を抱えていました。
中古品にも関わらず品質確認(ホームインスペクション)や品質管理(維持保全・性能向上)に対する意識が低く、既存住宅に関する情報が消費者に十分に公開されていませんでした。
また、「安心な住宅」にも「良質な住宅」にも、その定義や基準が存在していませんでした。
既存住宅をブランディングする仕組みもなく、ブランディングされた既存住宅が適正に評価される仕組みもありませんでした。
現況が分かれば、修繕することも付加価値をつけることもできますが、情報を閉じて現況を共有しなければ、建った瞬間から住宅の資産としての価値は下がり続け、既存住宅に対する不安や不信が募るのも当然です。

本格的な人口減少・少子高齢社会を迎えた中で、国の住宅政策は既にフローからストックへと転換しています。
私たちが考える「安心な既存住宅」の「安心」とは、既存住宅についての適切な情報開示と適正なインセンティブ(評価)です。
私たちは「既存住宅の健全な流通」をビジョンとして掲げ、商取引に関わる買主・売主・事業者の三者に「安心と納得」、そして「信頼関係」をもたらす仕組みを確立させることで、国の住宅政策を民間の立場から後押ししていきます。

事業目的・概要

当協議会は、住宅ストックの活用を図り、その流通を活性化する為、維持管理やリフォームの実施などによる「住宅の質と住まい勝手」の維持向上が、市場において適正に評価される仕組みの開発・普及を行ないます。
同時に、消費者にとって分かりやすく安心な情報開示に努め、既存住宅流通の信頼性を高める仕組みをブランド化し、もって健全な住宅・リフォーム市場を実現することを目的として、次の事業を行います。

(1)安心な既存住宅に係る要件の設定、認定手続きなどのサポート
(2)安心な既存住宅の流通促進に関する事業環境整備のサポート
(3)安心な既存住宅の流通促進に関する仕組みの研究会、セミナー、イベント等の企画、運営
(4)安心な既存住宅の流通促進を担う事業者の教育及び資格の認定
(5)安心な既存住宅に関する各種情報の収集、分析、提供

組織概要

名称 一般社団法人安心R住宅推進協議会
the promotion association of reliable "R" housing
設立年月日 2017年4月11日
所在地 東京都中央区築地2-11-12 グリーンパーク銀座デ・プレ302
フリーダイヤル 0120-365-205
電話 03-6264-3581
FAX 03-6264-3582
メールアドレス info[at]anshin-rjyutaku.or.jp  ※[at]を@に変えてください。
URL https://www.anshin-rjyutaku.or.jp/
役員 代表理事 三津川真紀
理事 岡田久典
理事 日高正人
理事 青木信之

組織図

組織図



協議会について