あんしんを、あたらしく。~一般社団法人安心R住宅協議会~

2019.10.15

一軒家を購入後にかかる住宅費用とは?

相談者
新築の一軒家の購入を検討しております。マンションなどは、「修繕積立金」などがありますが、一軒家の場合も自分で積み立てる必要がありますでしょうか?
(福岡県 20代)

 
回答者
こんにちは。安心R住宅推進協議会の三津川 真紀です。

相談者さんがおっしゃるとおり 、マンションでは住宅メンテンス費として、「修繕積立金」というものがあり、その費用を元に大規模修繕工事などが計画的に行われています。

では、一軒家の場合はどうしたらよいでしょうか。

まず将来的に修繕の必要性があるかと考えた場合、直近数年ではないかもしれませんが、10年、20年、30年と経つと何かしら修繕の必要が出てきます。例えば壁や床、窓やドア、給湯器や浴室の設備など普段目にするところから、屋根や排水管など自分では確認しづらいところまでさまざまです。

一般的には建築してから10~15年前後、また25~30年前後が一般的な修繕時期の目安となっています。また修繕費としては、例えば壁なら5~15万円程度(面積や壁の種類にもよる)、浴室なら100万円前後となります。修繕箇所や、また家族構成の変更によるリフォームなども場合によっては必要になり、住宅や人生設計によって、修繕費は大きく変わってきます。なので一概にいくらくらい貯めておけば大丈夫とするのは難しいですが、最低でも築30年に向けて250万円くらいは計画的に貯金しておくとよいかもしれません。

そして費用を貯金するだけではなく、定期的に住宅のチェックを行うことが大切です。現在は物件調査・評価としてホームインスペクション(住宅診断)と呼ばれる手法があります。1回あたり数万円~で実施することが可能です。これを5年~10年単位など定期的に行うことで、住宅の状況を適切に把握ができ、修繕費用の積立額の目途が算出できます。

最近では新築の場合は、ハウスメーカーの方で定期メンテナンスまでサポートするケースも増加しています。

つまり、定期的にホームインスペクションを行って、住宅の修繕計画と修繕費用の積立計画を計画的に立ていくことが理想です。

お問い合わせはこちらから

相談してみる